自社で導入を成功させよう

タブレット導入を成功させる秘訣

タブレット

導入の目的を考える

タブレットの導入するなら目的を具体的にイメージするといいでしょう。タブレットを使う目的は企業によって、異なるもの。ですから、まずは自社の目的にあったタブレットPOSを選びましょう。なんとなくで、タブレットを選ぶのは失敗する原因になります。

トップダウンで導入

近年では、デスクワークにおいても、タブレットPOSを導入している企業も多いです。しかし、タブレットPOSの導入したものの運用を上手くできず、中途半端な効果で失敗なんてことも、よく聞きます。そんな企業はトップダウンでの導入決定をしてから、導入しましょう。

違いを理解する

最新のタブレットの性能や機能は今や、パソコンに迫るものが言っても過言ではないです。しかし、パソコンに比べて、手入力が難しいことから、導入している企業も少ないのです。タブレットを導入するなら、常に携帯する、人に見せるなどを目的とした活用を行いましょう。

部署に一台はNG

タブレットを導入する際の典型的な失敗パターンで多いのは、部署ごとに一台置くということです。部署にタブレットが一台あっても、チーム内で情報を共有することができないので、導入する意味がほぼないです。そのため、導入するなら、部署全体での活用がおすすめです。

既存のクラウドを利用する

タブレットを活用したビジネスはまだまだ始まったばかりです。そのため、すぐに新しいアプリが開発されるのはもちろんのこと、OSやデバイスも急激に進化すると予想できます。そのため、独自でシステムを開発するよりは、既存のクラウドサービスを利用することがおすすめです。

ビジネスの革新

近年では、あらゆるビジネスにタブレットPOSが活用されるようになりました。タブレット導入は多く企業にとっても、まだまだ成長するビジネス活用方法。しかし、まだまだノウハウ不足によって、問題が発生するばかりです。そのため、企業が導入を決めたきっかけを知っておくのもいいでしょう。

タブレット導入を決めたきっかけ

持ち運びが便利

タブレット導入が一番多いのは、アパレルや飲食店などの接客業です。そのため、持ち運びが便利という理由で導入するところも多いのです。また、最近のタブレットは耐久性や防水性も優れているので、持ち運びの際にも安心です。

操作しやすい

タブレット端末は慣れている人でなくても、簡単に操作できるタッチパネル式です。パソコンみたいに操作慣れしていないと使えない機器ではないのも、選ばれる理由なのです。直感的に画面をタッチするだけでいいので、ストレスなく操作が可能です。

多店舗だからこそ

多店舗展開をしている企業にタブレットは注目を集めています。それはタブレットで他の店舗などの、情報をリアルタイムで確認できるからでしょう。また、タブレットPOSにはお店の情報を管理できるだけでなく、分析機能も搭載しているので、充実しています。

セキュリティ面も安全

タブレットはセキュリティ面もしっかりとサポートしています。そのため、第三者による不正使用などで大切な顧客データやお店の売上などの情報が他社に漏洩する心配はありません。全ての通信が暗号化されて送信されるので、安心して利用することができます。

トラブルはすぐに解決

機器やアプリにトラブルがあった際にも、サポートセンターが迅速に対応してくれるのも、企業としては魅力的でしょう。過去に突然操作が出来なくなったケースは稀ですが、万が一のトラブルがあった場合にも安心ですね。

新着情報